費用を考える

全面リフォームをしても

かつて、中古一戸建てを求める人はあまりいませんでした。新築一戸建てを建てている間だけ住むと言うことが多かったです。中古一戸建てをわざわざ購入すると言うことが少なかった理由には色々あります。購入してから不具合が見つかったら面倒だったり、心理的に中古一戸建てへの抵抗感があると言う人も多かったです。 しかし、値段の安さとリフォーム技術の向上によって、中古一戸建てを購入する人が急速に増えてきました。とくに、リフォームが低価格でできるようになったことが大きかったです。中古一戸建てを全面リフォームしたとしても、新築を建てるよりもお金がかかりません。それでいて、新築並みの快適な住まいを手にすることができるのです。

中古一戸建てにいくらまで出すか

中古一戸建てと言っても、建物価格はバラバラです。築5年の家と築15年の家では価格は違ってきます。しかし、築10年の家より築15年の家の方が高いと言うことも多いです。メンテナンスの有無などによっても変わってきます。 とは言え、中古一戸建ての平均額のデータは存在しています。全国平均で見ると2400万円弱ですが、関東だと2800万円弱です。しかし、地方によっては1600万円程度が平均となっています。不動産価格はエリアによって大きく変わってくるので、都会の方が高くなってくるのは普通のことです。 また、地方では新築一戸建てを建てる人が多く、中古一戸建てに2000万円以上出すと言う概念があまり無いと言われています。